2017年05月22日

「みんなの宅配便」劇評・雑誌掲載

現在北陸3県で発売中の地元情報誌「ZOUSS(ザウス)」に、
「みんなの宅配便」の劇評を掲載していただいております!

P_20170520_001141.jpg

劇団フロンティア、シアターフロンティア、そして
役者陣ふたりの名前も載っております!
北陸へ初進出!という感じでしょうか!ありがとうございます!

P_20170520_001012.jpg

窪田さやかさんの素敵な舞台写真も大きく掲載
されていますので、そちらも紙面で見てくださいね。
posted by 劇団フロンティア at 19:00| Comment(0) |  L 第43回公演 「みんなの宅配便」 | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

小道具製作についてのあれこれ!

作品の中で沢山出てきた小道具をようやく紹介できます!
小道具ファンの皆さんおまたせいたしました!?


5-IMG_2666こっち.jpg
まずは、桐子がダンボールに詰めていたものから。
台本のト書きに書いてあるものや台詞の中に出てくる
もので、それでないといけない、というものは
手作りすることが多いです。

P_20170217_190847.jpg
P_20170217_190856.jpg
「京都のお酒」という台詞に合わせて、お酒の
ラベルをつくりました。和柄のラベルで売られている
お酒があったので、それを参考にして、和柄で。
裏面の商品説明とかの部分も、実は考えてつくってます。
お客さまには絶対に見えないんですが!(笑)


32-IMG_3909.jpg
次は、宅配便のお兄さん、佐竹さんが使う小道具。

P_20170126_204200.jpg
P_20170126_204207.jpg
作った後に、みんなに写真を見せたのですが、これの
反応がみんな凄い良くて嬉しくなった小道具。
「みんなの宅配便」で使っている送り状です。
ちゃんとミシン目も入れています。ベースは某宅配会社
さんです。(笑)

次も「みんなの宅配便」の会社で使われている、
「社訓などが書かれた冊子」です。

P_20170223_222750.jpg
P_20170223_222759.jpg
表紙と裏表紙。
中身は社訓などが書かれているページに加えて、
まったく本編とは関係ないのですが、
こんなページがあってもおかしくない、ということで
こんなページを入れています。

P_20170223_222838.jpg
P_20170223_222845.jpg
・・・本当に本編とは関係ないです(笑)


そして小道具班の佐藤潤子さんの渾身の作!
IMG_3125.jpg
桐子が使う、サラダ油!

P_20170325_113617.jpg
これが、黄色の食紅に、介護用のとろみをつけているの
ですが、これが本当に油みたくて凄かったです!
介護用にこういうものがあるとは知らなくて、これは
潤子さんだからこその着眼点だなぁとみんな感動していました!
色んな世代で、色んな経験を持っている方がいるからこそ、
こういったアイディアが出てくるんだなと思いました。
フロンティアの強みはこういうところですよね!

posted by 劇団フロンティア at 18:24| Comment(0) |  L 第43回公演 「みんなの宅配便」 | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

「みんなの宅配便」舞台セット紹介

今回は「舞台セット」についてご紹介していきます!
光もかなりこだわったため、舞台セットの雰囲気も今までに
無い感じで、すごく良かったです。

5-IMG_2666こっちのコピー.jpg

正面から見るとこんな感じで、左奥の「窓」がとても
印象的です。
この窓から外の世界を感じる、という感想もあって、
そこまで想像してもらえてよかったと思うし、そんな
台本がやはり凄いなと思いました。

舞台セットは、本家上演のリスペクトで、それを
シアターフロンティアの大きさや見え方に合うように
アレンジしています。
(本家は検索すると画像が出てくるので、見比べて
 みるとまた面白いかも。)


P_20170326_181815.jpg

玄関です。
ドアのすぐ横には下駄箱のような収納、その他部屋の中の
収納もすぐ隣にあります。

家具などは全てダンボールで表現しました。
色合いもそうですが、「これはあれかな?」という風に
見ている人に想像してもらうという方向にしたかったので
完璧にそのものを表現しないようにしました。

アクセントに、100円均一で買ったカラーボックスや
収納ボックスなどを使っています。ビビッドな色ですが、
上手く配置することで、差し色、アクセントカラーに
できたなと思っています。

手前側には台所があり、流しの下、コンロの下で
置いてある雑貨類を変えて、表現しました。
桐子がずっとここに住んでいる8年間を、置いてある
ものの感じで表現できればと思いました。

P_20170326_181808.jpg

反対側は、主に押し入れや鏡、といった感じの雑貨が
置いてあるスペースとしてつくりました。
ただの木枠を斜めにしてあるのですが、「鏡に見える!」と
女性陣の中では話題でした。


P_20170309_203911.jpg

舞台の中心にはダンボール。
その周りにはダンボールの中に詰めるものが置いてあります。
かなり置く場所や、正面からの見え方は気にして配置して
あります。もちろん、桐子がダンボールに詰める順番も
決まっています。きちんと詰めないと、話の中盤の
あのシーンで、キレイに中身が出てきません。


いつもはすべてを具体的に作って表現してしまうのですが、
今回はお客さんの想像力にかけたい、という気持ちがあり、
このような想像の余地がある舞台セットにしました。
思った以上に受け入れてもらったり、想像で補ってもらえて
本当によかったと思います。

みなさんのお好きな舞台セットはどの部分でしょうか?!

posted by 劇団フロンティア at 19:55| Comment(0) |  L 第43回公演 「みんなの宅配便」 | 更新情報をチェックする