2014年12月11日

「まほろば」舞台セットツアー

秋公演の「まほろば」、公演から随分経ちましたが、
みなさんの中でどのような作品になっていただけましたでしょうか。

シアターはまだ舞台セットがそのままになっています。
次の公演の舞台セットになるまでまだ少し「まほろば」の
空気を残しています。

そんな、「まほろば」ですが、舞台セットについて
アンケートでも反響をいただきました!
「住みたい舞台セット№1!家」に輝いた!?今回の舞台セット、
みなさんにぜひじっくり見ていただきたいということで、
写真カメラぴかぴか(新しい)を撮ってまいりました!


IMG_0342.jpg
まずはこちら、正面からの舞台セットです。
お客様から見えるのはこの風景です。

IMG_0356.jpg
お次は舞台の上から、舞台向かって左側奥です。
ここは床の間が作られていて、佐藤家からお借りした
「壺」と、舞台側には以前の作品「フユヒコ」で使用した
福助の置物がおいてありました(笑)
この福助に気がついた方はいらっしゃったんでしょうかね!?

IMG_0352.jpg
今度は反対側。舞台向かって右奥です。
役者さんが見ていた風景は、この写真と一つ前の写真、
でしょうか。
ちなみに、こちらの棚も実は「フユヒコ」の時に使っていた
棚なのです(笑)1つ違う点は、引き出しが使えるように
なっていること。「フユヒコ」の時ははめ込みだった
引き出しを、今回は使えるようにしてもらいました。
こ、細かいッツ!

IMG_0357.jpg
こちらは家をしっかり支える梁。
客演いただいた柿本さんのお父さまに作っていただきました!
この重厚感、「まほろば」のお芝居を舞台セットでも支えて
いただいた感じがとてもします。

IMG_0359.jpg
襖の奥。実は、ここも襖を開けると見える、ということで
作りこまれています。階段と台所へ続く廊下です。
台所の前には時刻表も貼ってあります。
見えないけれど、これがあることで生活感がでますよね。

IMG_0362.jpg
廊下に出て左。実はこの奥、とても寒いのです。(笑)
風が吹き込んでくるのですが、役者さんはここで待っています。

IMG_0363.jpg
廊下を出て右側。
舞台セットでは玄関へ続く廊下となっています。

IMG_0366.jpg
最前列のお客様にもしっかり見えるこの縁側。
舞台セットの中で実は一番お金がかかっている部分なんですよ~。
歩くとギシギシ音が鳴ったりして、家の年齢を感じさせます。
普段は音がなって舞台では気になるなぁというところなのですが、
今回の作品にはとてもマッチしていたなと思います。

IMG_0284.jpg
最後は舞台から見える風景です。
この風景を見られるのは役者として舞台に立つ人だけ。
ここに立つ度に色々な気持ちになります。


この他にももっともっと見所がある舞台セットで、
全てをなかなかお届けできないのが残念です><
舞台に立っていてもとても気持ちのよい舞台セットでした!

そして、ここでは紹介しきれなかった写真は
フロンティアのFacebookの方に載せる予定です。
ぜひこちらもチェックしてみてくださいっ。
その他ブログに載せきれなかった写真も多数ありますよ~。

posted by 劇団フロンティア at 23:56| Comment(0) |  L 佐藤職人の舞台裏 | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

佐藤職人の舞台裏:「見果てぬ夢」無茶振りに挑む!

今回は現在稽古中、秋公演「見果てぬ夢」の舞台や小道具について
その舞台裏を聞かせていただきます!

実際本番で使われる舞台の製作途中の写真や小道具の写真も
でてくるかと思いますので、ネタバレ注意。

本番まで見たくないよ~~~ふらふらふらふら
という方は、ご注意下さいねどんっ(衝撃)

では、「見果てぬ夢」の舞台製作裏話は
続きを読む からどうぞ。




続きを読む
posted by 劇団フロンティア at 21:00| Comment(0) |  L 佐藤職人の舞台裏 | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

佐藤職人の舞台裏:舞台作りのこだわり

入団2年目の佐藤です。
今度の芝居では舞台監督を担当し、舞台セット、
大道具や小道具まで色々なものを製作しています。
公演「フユヒコ」の時に「ピアノ」を作って以来、
フロンティアでは「職人」と呼ばれています。

ピアノ2.jpg
こちらがその「ピアノ」。中の鍵盤もちゃんとあります。

舞台つくりについてですが、一番気を使っていることは
役者が安心して思いっきり演技ができることを基本にしています。
大丈夫かなと思ったところは殆どの場合、作り直しに
なってしまいますので一つひとつ丁寧に作ってます。
中でも女優の○○さんは、結構な力持ちなので特に心配なんです・・・。

襖.jpg
女優さんが思いっきり使えるようにと気を配られたもののひとつ。襖。


実際の舞台作りですが、一番大変なのが演出のイメージを
如何に具現化させたレイアウトを決めれるかとういことです。
全体の見た目のバランスを配慮して実際に役者が動けるスペースを
確保しながら暫定のレイアウトを作り、演出と相談しながら、
何度も変更しながら決めていきます。
演出の要望を聞きながらも、見た目にすっきりと違和感のないものに
仕上げるよう心がけています。

次に大道具や小道具などは作るよりも買った方がお得な場合が多いです。
私の場合、リサイクルショップ、100円ショップ、ホームセンターなどには
良く探しに行きます。
中々見つからない小道具等は、ネットで探すと見つかる場合が多いです。
印象に残っているものでは「フユヒコ」の時に仏壇専用の蝶板を
見つけた時は一人で大喜びをしたことを覚えています。
とにかく少しでも安く仕上がるよう自分の足で稼いでいます。

仏壇2.jpg
「そんなもの売ってるんだ・・・」というものを見つけてくる面白さ。




次回は現在稽古の真っ只中!「見果てぬ夢」の
舞台製作秘話です。ネタバレ全開ですよ!



posted by 劇団フロンティア at 21:00| Comment(0) |  L 佐藤職人の舞台裏 | 更新情報をチェックする