2017年05月20日

放送後記、第85,86回「ゲスト:窪田さやか」

収録時シアターの電球を交換していた
後記の能登です。

今回のゲスト、窪田さやかさん。
ネトラジ収録も初めてとのこと。
にも関わらず、パーソナリティ綾香の
入りの紹介を拾っての入りに、
順応性の高さを感じました。
これは只者ではない!?と、思いました。


趣味から始まったカメラ撮影で
人と繋がっていく。
素晴らしく、羨ましい(笑)
写真は撮るその時が勝負で
後から直すことの出来ないもの。
だから、より良いものにするために
こだわりが出るのは、いいと思います。
しかし、この集団に関わる方に不安がないというのが
また、只者ではないと(2回目)
自分なら尻込みします(笑)


話をパンフの撮影に変えまして
撮影日は1月末、雪が積もっていて
寒い日でした。

放送で話していた通り、
さやかさんの簡単な指示から始まり
フロンティアでやることのない
エチュード(即興劇)へエスカレート。
お題を出す、さやかさん、
それをこなす役者2人、一緒に混ざる外野、
それを見て笑う自分。
見ている側は、とても楽しい撮影でした。
(あの時は、役者2人、さやかさん、お疲れ様でした)


今回は2回にわたった、さやかさんがゲストの回でした。
この回を聞いてのさやかさんの印象は
「行動力がある」があり
「怖いもの知らず?」という感じでした。
よく天神さんの話に乗ったと思いました。
(出会いの話を聞いて)
そして、是非パーソナリティ綾香と
2人で何かして欲しい(願望)

最後に、
これからも、劇団と関わる機会があると思うので
その時も多くの写真を撮っていただきたいと思います。


posted by 劇団フロンティア at 16:57| Comment(0) |  L 放送後記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。